天王寺 寿司割烹『魚市』新鮮な魚料理

スポンサーリンク

新鮮な魚料理に満足

天王寺での所要を終わらせて、昼食を食べようとアポロビルの地下2階へ。
初めて来たので、どの店に入ろうか?とひと通り店の前を通りました。

フロアの中でもひときわ活気のありそうな魚料理店がありました。
妹がお刺身を食べたいと言い出したのでで、ここに決まり。

店内は、カウンター7席、テーブル席(2名席×2、4名席×5)最大50名まで入れるお座敷もあるそうです。
12時半くらいだったので、テーブル席に案内され、8割くらい埋まっていました。
店員さんは元気で気さくで声をかけやすいです。
お客さんは、年配の方が多い印象です。

新鮮で珍しい魚も出てくる「寿司割烹」

「寿司割烹」という事で、メニューの値段は全体的に少々お高めです。
「店長おまかせお造り定食」にしました。
内容は仕入れ状況によって変わるようです。
ウニや甘えびや貝柱、サーモンなどお造り8種盛りです。

店長おすすめお造り定食

ビックリしたのが、お造りだけだと思っていたのが、カンパチの頭のあら煮がついてきました。
妹は、あら煮を食べるのが苦手で、ほとんど残すことが多いのですが、こちらのあら煮は全部キレイに食べることが出来ました。
ご飯は女性にはけっこう多い大盛りです。
お吸い物は、わかめがたっぷりです。

新鮮なので、生臭さもなく美味しく頂けました。

周囲をみまわすと、平日のお昼時間ですが常連さんがたくさんいらっしゃるようで、店員さんとの会話がはずんでいました。

魚一筋50年、大阪一を誇る魚の種類

色々なところから直送で仕入れた魚を使ったメニューが張り紙されてます。
店内には、色紙もたくさん壁に貼ってあって人気店なのがうかがえます。

お昼から呑んでいる4人組のお客さんが頼んだメニューが「まぐろ眼肉・ホホ肉造り」
ブツ切りしたまぐろの頭の上にお造りが載ってます。
ダイナミックな料理で周りのお客さんも注目。

常連さんが「伊勢エビいくら?」と聞いてるのを聞き耳をたてて聞いてました。
あいにく、その日の仕入れはなかったのですが、5,000円からとの事。
伊勢エビをこのお店で5,000円で頂けるって安いと思います。

大阪から取れたての伊勢エビを食べるとしたら、近鉄特急に乗って鳥羽や賢島がある伊勢志摩に行くことがあります。
近鉄特急の往復料金だけでも、運賃と特急料金で7,840円になります。
さらに現地でも伊勢エビを食べるのにそんなに安くはありません。
こちらのお店で頂く方が安いです!

珍しい魚料理は、前もって予約するのが良いそうです。

旬の鍋コースもラインナップが豪華

お昼のメニュー内容でお魚盛りだくさんですから、夜のメニューはさぞかしスゴイのだろうと予想できます。
私が壁に貼ってあったメニューで気になったのは、「ハモ鍋」(夏季限定)でした。
冬限定だと、「本クエ鍋」があるそうです。
さすがに「時価」!

お昼は気軽にランチ、夜はちょっとフンパツという感じでしょうか。
お得な800円(税抜)ランチもあるようなので、また天王寺に来た時には寄ってみようと思います。

寿司割烹「魚市」
11時~22時 日曜営業
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-31 アポロビルB2F
TEL:06-6649-4652

スポンサーリンク