東京観光 浅草の蕎麦屋「弁天」と台東区「今戸神社」

スポンサーリンク

東京観光

東京まで歌舞伎を観に行く時は、時間を有効に使いたいので、深夜高速バスを利用しています。
朝一番に着くので、歌舞伎が始まる時間までの少しの時間、観光しています。
今回は2箇所行ってきました。

猫好きにはたまらない、たくさんの招き猫「今戸神社」

朝一番に台東区の隅田川の近くにある「今戸神社」へ参拝に行きました。

「今戸神社」は最寄りの駅からちょっと歩かないといけません。
東武浅草駅から出ている台東区循環バス「北めぐりん」に乗っていくと便利です。
乗車賃は、100円です。

ご祭神は、応神天皇、福禄寿と日本神話に出てくる伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)の夫婦神です。
夫婦神が祀られているので、「縁結び」で有名になってます。

境内のいたるところに招き猫が飾られています。
各地に幾つかあるうちのひとつ、招き猫の発祥の地として名乗っている神社です。

「今戸神社」の絵馬は、丸い形をしていて、ポップなデザインの招き猫が描かれていています。

今戸神社 絵馬

デザインは2種類あるそうで、普通の招き猫か描かれた祈願絵馬と招き猫が着物を着た図柄の成就絵馬とです。
婚活を頑張って、結婚できた方は、成就絵馬でお礼参りしたいですね。

私は、恋愛じゃなくて、出会う人と良いご縁があるように祈願しました。

御本殿の階段の下に、石でできた夫婦の「なで猫」がありますので、撫でて祈願すると良いそうです。

今戸神社

招き猫に目を奪われがちですが、七福神の幸福・福徳・財宝・人徳・長寿の神様、福禄寿もお祀りされていますから、しっかりご挨拶をしておきました。

神社の入口には、2つの石碑があります。
1つは、招き猫発祥の地と言われる所以の「今戸焼」発祥の地。
もう1つは、幕末の志士・沖田総司の終焉の地。

色々と話題になるようなエピソードがたくさんある神社です。

大きなはまぐりがスゴイ!「弁天」の「はまぐりせいろう」

私は、うどんも蕎麦も好きですが、関西で食べる蕎麦よりも、東京の蕎麦は美味しいと思っています。

ファンになっている歌舞伎役者さんが、フェイスブックで投稿されていた蕎麦に目を見張りました。
大きな蛤がどん!どん!と、つけ汁の中に3個入った蕎麦せいろう。

こんな大きな蛤はあまり見かけません。
「なんて贅沢な~」と思い、ぜひ1度食べてみたい!と思い今回訪問しました。

浅草寺から北へ5分ほど歩いた場所にあります。
昼時は、あらかじめ予約できないくらい満員になるそうです。
15時過ぎに歌舞伎を観終わってからお店に行ったので、すぐに入れました。

店内は、すっかり落ちついた風情でお客さんが1組くらいでした。
時間ずらすと大違いです、

迷わず、「はまぐりせいろう」を注文。

はまぐりせいろう

お蕎麦が白くてキレイです。
フェイスブックの画像でみた通り!プリプリの大きな身がついたハマグリ。

私は、ハマグリのお吸い物が好きなのですが、これくらい大きさはなかなか手に入りません。
お値段お高いですから。

さすが関東、濃い色のおつゆです。
でも、色は濃いですが味はハマグリのうま味たっぷりで、ゆずと三つ葉の香りが食欲をそそります。

関西には、こういうメニューのお蕎麦はないと思います。
こちらのお店は、他にも色々と心そそられる個性的なメニューがたくさんあります。
ぷりぷりの牡蠣を使った「牡蠣南蛮」や「鴨せいろう」「にしんせいろう」。
「冷豚南そば」はボリュームありそう。

東京に行く機会があれば、蕎麦店めぐりしてみたいです。

弁天 (べんてん)
[月~土]11:30~22:00(L.O.21:30)
[日]11:30~21:30(L.O.20:00)
定休日: 水曜日
東京都台東区浅草3-21-8(つくばエクスプレス 浅草駅 徒歩8分
東京メトロ銀座線、東武伊勢崎線、都営地下鉄浅草線 浅草駅 徒歩9分
浅草駅(つくばEXP)から494m)
TEL:03-3874-4082

スポンサーリンク