骨格診断で自分に似合う服を知る

スポンサーリンク

骨格診断

パーソナルカラー診断を受けた時に一緒に骨格診断も受けました。

骨格診断とは、生まれ持った身体の「質感」「ラインの特徴」を知り、自分自身の体型を最もキレイに見せてくれるファッションアイテムを知る診断技術のことです。
それぞれの骨格タイプの特徴の出やすい手首、胸元、腰、膝などをボディタッチしながら診断をし、併せて、質感・全身のバランスなどを見ながら診断結果を導いていきます。
骨格タイプには、3つに分かれます。
・ストレート 身体に厚みがあり、上重心が特徴。シンプル、ベーシック。直線的・定番スタイル。
・ウェーブ 身体に厚みがなく、薄い、下重心。ソフト、ボディコンシャス。曲線的・エレガント。
・ナデュラル 関節や骨格の大きさに特徴がある。ラフ、カジュアル。無造作・遊び。
出典:一般社団法人 骨格診断ファッションアナリスト認定協会  http://fashion.or.jp/ 

 私の骨格タイプは、ウエーブでした。
プラス 顔分析:上品で華やか+キュートなイメージ。

曲線的で女らしいデザイン・素材が似合います。
私の場合、パーソナルカラーのイメージと骨格タイプで似合うデザインと、顔分析からくるイメージのすべてが同じで、とてもわかりやすいとか。

骨格診断で自分に似合う服を知る

多忙なので、洋服はお気に入りの通販で購入していて、ワンピースが多いです。
購入したワンピースなどの写真も見て頂きました。

ちなみに、骨格タイプのウエーブさんはワンピースが得意なんだそうです。

私がなんだか着にくいと感じていたワンピースはやはり、色が△とか骨格には△だったりしていました。

例えば、パーソナルカラーは、スプリングやサマーなので、オータムやウインターの色は、やはり購入したものの、いまいち気に入っていませんでした。

骨格診断でいうと、衿元の形がVネックよりは、丸い方が似合う。
そういえば、手持ちの洋服には、フリルがついたデザインや丸首のデザインが多いです。
自然に自分に似合うものを選んでいたんですね。

ポリエステルやシフォンなどやわらかい質感や透ける素材が好きなのですが、この選択もバッチリです。

驚いたのは、ジャケットです。
テーラードは堅苦しく見えてイヤだったので、ノーカラージャケットを選んでいたら、この選択も○でした。

背が高く見えるとよく言ってもらえるのですが、154センチしかありません。
背が高く見えるようにと思い、着丈の短いトップスや、ハイウエストの切り替えデザインを選ぶようにしていたら、これも重心が上になりバランスがよく見えるそうです。

失敗していたのは、チュニックです。
便利だからと思って買っていましたが、長いトップスは重心が下なので胴長、短足に見えるそうです。
おまけに年齢が高いと余計に似合わないのだとか…。

小物やアクセサリーを上手に活用

自分で着にくいと思っている洋服は小物やアクセサリーを上手く活用します。

例えば、ストール使いですが、骨格タイプがウェーブさんの場合、首にぐるぐる巻くカジュアルスタイルよりも首元は少し開けてゆったりふわ~とエレガントに巻く方が似合うそうです。

その場で、キラキラビジューがキレイなスカーフ止めを使った、エレガントなストールの使い方を教えて頂きました。
ストールの素材もシフォンのような柔らかい素材が良いとのこと。

今まで好きでよく着ていた服
どうも苦手で着にくかった服
その理由とセンスアップする方法ががわかり、すっきりしました。

診断はとっても簡単です。

骨格診断が自分で出来る書籍も出ていますし、アドバイザーさんに直接診断して頂くと、ファッションについてより具体的なアドバイスが頂けます。

自分が似合うものがわかれば、購入する時に統一感が出て、ムダがなくなりますね。
最近は、ネットで骨格診断ごとのお勧めファッションコーディネイトの情報を見ることができますので、参考になります。

スポンサーリンク