羽生結弦さんがつけている青い珠のネックレスは?

スポンサーリンク

羽生結弦さんの気になる首元

フィギュアスケートのグランプリシリーズカナダ大会をテレビで観ていました。

男子の競技は、数種類の4回転ジャンプを飛ぶ世界に入ってきました。
人間の能力って少しずつですが、どんどん向上していくんですね。
でも、競技者には、とても困難な道のりになってきているようで、大変だなと思います。

羽生結弦さんは、今回は残念ながら2位でしたが、ジャンプのミスを除いたら、彼の演技は、誰よりもズバ抜けているので、世界観に引き込まれてしまいます。
今シーズンのプログラム、フリーの音楽も素敵な曲でした。
久石譲氏の「Hope&Legacy」だそうです。

羽生結弦さんは、相変わらずシュッとされていて、素敵ですね(大阪の言い方ですね)
毎回、衣装も素敵でセンスが良い人だと思います。

今回、彼がつけているネックレスがとても気になったので調べてみました。

羽生結弦さんの青いネックレス

深い青色の丸い珠が印象的なネックレスです。

RAKUWAネックX100ミラーボール
最初見た時に、沖縄で売っているアクセサリーの「蛍石」(ガラス細工)に似ていると思いましたが、全然違いました。

ファイテン社のネックレス
京都市に本社がある、医薬部外品・化粧品・ヘアケア商品・スポーツ関連商品・健康食品・健康グッズ等の販売を行う会社の製品です。
ネックレスとして着用するアクアチタン製品(RAKUWAネックなど)が有名で、多くの著名アスリートが愛用しています。

ファイテンの水溶化メタル技術により、チタンをナノレベルで水中に分散したものが「アクアチタン」です。 このファイテンの技術で、繊維の1本1本にチタンを浸透させることが可能となりました。この技術を用いた製品を身につける事により、心身を本来のリラックス状態へとサポートします。

細い紐には、通常の約100倍の濃度で「アクアチタン」を含浸する「X100」を採用されていて、留め具はマグネットでワンタッチ着脱なのが便利です。

RAKUWAネックX100 ミラーボール

「アクアチタン」は身体をリラックス状態にするそうなので、首回りがリラックスすることで、肩こりなど身体のバランスに関係することも改善できますね。

羽生結弦さんが愛用しているのは、「RAKUWAネックX100 ミラーボール」という製品の地球をイメージした「アースカラー」です。

羽生結弦さんのひし型ネックレスも調べてみました。

成功へ導くパワーストーンのネックレス

とても印象的なネックレスをされています。

調べてみると、羽生結弦さんが信頼されている、整骨院の院長先生が作られたものだそうです。

同じものが手に入らなそうだったので、ネットで調べたら、似たようなパワーストーンのネックレスがありました。

INFINITY

株式会社たぶちの製品で、「INFINITY」という名前。
楽天市場で購入可能です。

商品の説明:
生命の源、ハートを意味する「ひし形」とフラワー・オブ・ライフ&ツリー・オブ・ライフの刻印。さらには108個のパワーストーン。

108は、「煩悩」の数なので、「煩悩」を解き放ち、自分自身を見つめて、自分自身を見つけて、自分が変われば人生も変わるのだとか。
「自分を変えたい」と思う気持ちがあったら、つけてみるのも良いかもしれませんね。

私は、肩こりが酷いようで、いつも美容院のスタッフさんがマッサージしてくれる時に「肩こってますね!」と言われてしまいます。

実は、自覚症状がまったくないので、自分で「肩こってる」と思った時は、症状がかなり悪化してるらしいので注意が必要なんですね。

磁気ネックレスって、年配の方がされているようなデザインや、バリバリアスリート系のデザインなど、いかにもっていうデザインが多いので興味がありませんでした。

「RAKUWAネックX100 ミラーボール」だったらつけても気にならなくて良いかもしれませんね。