好きな色より似合うと言われる色を着る効果

スポンサーリンク

選ぶなら好きな色より似合う色

洋服の色を選ぶ時は、何を基準にしていますか?
季節にあった色
黒などのクールに見える色
TPOに合わせる
自分が好きな色
痩せて見えそうな色
自分の運命色

ちょっと考えただけでも色々と出てきます(^^)
色と心理状態は、関係すると言われていますから、その時の心理状態で服の色を選ぶことがあるかもしれませんね。

私の場合は、会った人から「似あっていますね」って言われた色を、あえて着るようにしています。

その色は、ピンクです。

私自身は、どちらかというとアースカラーが好きなのですけれど…。

若い頃は、黒や紺やベージュなどのシックな色を着ることが多かったのですが、40代後半から明るい色の服を着るようになりました。
でも、ずっと自分に似合う色は何色だろうと思ってました。

最近は、SNSで自分の姿が写真に載ることが増えた方が多いと思います。
私も以前より、人前に出る事が増えてきたので、自分の印象はどうなのか?客観的に知りたい!と思うようになりました。

パーソナルカラー診断を受けてわかったこと

診断してもらったら、やっぱり ピンク が合っていました。

パーソナルカラー診断とは
約100枚のドレープ(布)を用いて、診断される人の肌の色、目の色、髪の色をトータルバランスで見ることにより、
・スプリング ・サマー ・オータム ・ウインターの4つのグループに分類し、似合う色の傾向を診断します。
またその中で は、スプリング・オータムはイエローベース、 サマー, ウインターはブルーベースといっています。

それぞれのグループによって色みのニュアンスが違います。よって、どういう傾向の色みが似合うかということがわかれば、様々な色を着ることが出来、色の幅が広がるということにつながるります。
また、パーソナルカラーとは、アメリカで始まったれっきとした学問であり、アメリカの大統領をはじめ、政治経済界のお歴々や企業の社長方などには、何人ものカラーリストがついて、イメージ戦略に役立てているといいます。

出典:パーソナルカラー診断  http://home.netyou.jp/zz/eyepalet/parsonal1.html

私のパーソナルカラーは、スプリング◎とサマー〇
スプリングのLight,WarmとサマーのLight,Coolが似合うそうです。

やはり、特にピンク色が似あっていて、いくつかあるピンク色のうち、私がよく愛用している薄い柔らかそうな感じのピンク色が一番合っていました。
画像でいうと、真ん中のピンクです。

パーソナルカラー
他人が「似あうね」って言ってくれるのって最高のアドバイスですね。
「ピンクが似合う」という言葉を素直に受け取って良かったです。

他には、ビビットな色も似あうとか。
以前、勤務先の社長の奥さまから女子社員全員に、それぞれ色違いのベストを頂きました。
私のベストの色が、ターコイズブルーだったんです。

普段、選んだことも着たこともない色なので、戸惑いました。
他に合わせるアイテムもないし、結局一度も着ませんでしたが、診断してもらったらパーソナルカラーの中に入っていたので驚きました。

でも、ターコイズブルーって難しいですよね。
似合うと言われても、ちょっと二の足を踏んでしまいます。

診断してもらって以来、ピンクじゃない色の服を着る時は、なるべくピンク色のスカーフやストールなどを顔周辺に使っています。

似合う色を着ると自然に顔色や姿が映えます。
不思議なことに、肌のくすみが取れて、透明感が出てきます。

色のイメージがつくと初対面の人に覚えて頂けるきっかけになるかもしれません。
自分の印象がグッと上がるので、自分が似合う色を客観的に知ることは大切ですね。

スポンサーリンク