「ナチュラルコスメを読む」セミナーでわかった事

スポンサーリンク

ナチュラルコスメを読む

私は、ファンデーションは使っていなくて、肌を保護する目的でBBクリームを塗った後、フェイスパウダーで軽く押さえています。

メイクの個人レッスンを受けた時に、このフェイスパウダーを肌色よりも透明の方が、私には合ってると言われて探しています。

ところが、なかなか見つけられないんです。
それで、「自分で作っちゃえ」と思って、ネットで調べていたら、成分に関して疑問が出てきて止まってしまいました。

そんな時に、堀内留美さんという方が主催されている「朝型美人塾」で高橋弘美さんの「ナチュラルコスメを読む」セミナーが開催されました。

「なんてタイムリーなんでしょ~♪」

高橋弘美さんは、ご自身が化粧品で酷い肌荒れを経験された事がきっかけで、化粧品の成分に興味を持って調べているうちに専門家に。
薬事コンサルタントで化粧品業界の大ベテラン。
炭酸ガスや水素に特化した研究・開発、製造を行うシーオーツープラス株式会社の代表取締役で、炭酸美容家と名乗ってらっしゃいます。

スゴイ肩書きだけど、とても親しみやすい、柔らかいイメージの素敵な方です。
「ナチュラルコスメを読む」セミナーで一緒に「炭酸水」のセミナーも受けましたので別にレポートしています。

「ナチュラルコスメ」について驚いた事

1つは、「ナチュラル化粧品」「オーガニック化粧品」て呼ばれているものは、国内では明確な基準がない。
2つ目は、成分に関して「この成分は肌に悪い」とか「この化粧品は肌に悪い」というお話ではないということ。

私は、幸い肌のトラブルは無いのですが、肌が弱い方でしたら、成分を気にして化粧品を探してらっしゃると思います。

弘美さんが何度も繰り返しておっしゃっていました。
自分自身にどういう成分が合うのか?を心配して追及するよりも、

大切なのは「私はどういう基準で化粧品を選んでいるのか」

例えば、ライフスタイルでオーガニックを選んでいるのと、肌が弱いからオーガニックを選んでいるのでは、選ぶ基準そのものが違うという事です。

私の場合は、特に肌について困った経験がありません。
今使っているBBクリームは、伸びが良くて、薄づきだけどカバー力があり、洗顔料で落とせるという簡単なところが気に入っています。
このBBクリームが絶対良い!というわけではなく、他に自分にとって良い化粧品があれば、柔軟に変更するつもりです。

考え方としては、こういう考え方でも良いんだなと安心しました。

セミナーでは、化粧品の裏にある成分表示を読み解くワークがあります。
化粧品のイメージ広告を読んでから、成分表示を見ていくのですが「なるほど~」と目からウロコがぼろぼろ落ちました。

実際に、読み解くのは難しいのですが、教えて頂いたポイントを押さえておくと、自分で化粧品を選ぶときの参考になります。

化粧品を使用する上での衛生面

化粧品は、気を付けないと雑菌が繁殖しやすいそうです。
使用上の注意をよく守る、早めに使い切るのが大切。

今までは、衛生面に対しても、成分にしても、気にした事なかったのですが、コスメに対する見方が変わった、とても良いセミナーでした。

個人的に「自分でフェイスパウダーを作ろうと思ってるんですが…」と質問させて頂きました。
やはり、衛生面のことを心配されて、少量ずつでマメに作る事を勧めて頂きました。

自分でコスメを作ろうと思うなら、もう少し成分のことも勉強した方が良いので、さらに詳しい「上級編」セミナーも受講しないといけないと思います。
ちょっと、内容が難しくなるみたい。

次回、セミナー受講機会があれば、受講してみようと思います。

スポンサーリンク