子供と一緒に入れる仕事は?ベビー系教室やママコミュニティの作り方

スポンサーリンク

こんにちは 藤本衣津美です。

今年は、親しくさせて頂いている知人の2人が続けて書籍を出版されました。

お2人ともアマゾンで1位を取得するほどの人気です。

最近、書籍を出版された中野美紀子さんが12月17日(土)に出版記念パーティーを開催されたのでお祝いに行ってきました。

中野美紀子さんと知り合ったのは、今から3年前。

もうすでにベビー系教室のコンサルタントで成功されていました。

名刺を頂いた時には、「えー?こんなに若いのにコンサル?」って驚いた事を覚えています。

ベビー系教室コンサルタント中野美紀子さんプロフィールは?

中野美紀子(なかのみきこ)さんのプロフィール

特定非営利活動法人イクカツ 代表 ベビー系講師コンサルタント。
2010年ベビーダンス講師の資格を取得。
関わった生徒は3年で延べ1200名。
仕事にはならないと言われ続けていたベビー教室。
ベビー界では異例の教室運営や価格設定で注目を浴びる。
その後、ボランティアを卒業したい講師たちに支持されコンサルタントに転身。
現在はベビー系講師コンサルタントとして、コンサルやセミナー講師として活動中。

出版記念パーティーは、「日本一おもろいパーティー」がコンセプトで最初から最後まで笑いに包まれていました。

美紀子さんにお会いした時は、次女が生まれて3ヶ月くらいだったのですが、こんなに大きくなりました(^^)


谷口ともかさん撮影

美紀子さんは、コスプレして参加者さんを楽しませてくれていました。

写真は、ピコ太朗コスプレです(^^)

子供と一緒に入れる仕事は?ベビー系教室やママコミュニティの作り方

美紀子さんも長女を出産してしばらくは、1人で大変な思いをされていたそうです。

ベビーダンスの資格を取って、自分と同じようなママさん達を助けたいという思いで教室を始めました。

でも、最初から満員にしていたわけではなかったんですね。

ベビー系教室を満員にさせて、ママコミュニティーを作る為には、ノウハウがあります。

失敗からスタートしたからこそ、具体的なアドバイスで教室したいママさんを応援されています。

ベビー教室してみたいと考えてる方に参考になる書籍です。

「本を書く作業は本当に辛かった」とお話されてました。

たとえて言うと、「鶴の恩返し」というお話の鶴が自分の羽で機織りする感じかも!と思いました。

旦那さまの協力を得て、孤独な子育てのママさんを助ける活動を今後も精力的にされていかれます。

ますますのご活躍を陰ながら応援したいと思います。

スポンサーリンク