名古屋・新栄町 フレンチビストロ「イノーヴェ」ランチ1,500円

スポンサーリンク

名古屋でフレンチ

昨日は、名古屋へ行ってきました。

お友達の「文法ナシ!暗記ナシ!0才からの英語子育て専門家」の小池智子さんとランチしてきました。

いつも名古屋のお勧めの飲食店を教えて頂いていて、ハズレ無し!

それもそのはず、小池智子さんは 名古屋で人気の矢場町にある「味噌とんちゃん屋がんこちゃん」のおかみさんなのです。(今はおかみさん業、休業中です)
美味しいお店の事をがっつり知ってらっしゃいます。

「がんこちゃん」の味噌とんちゃんも絶品ですが、こちらのご紹介はまた改めて…。

今回は、新栄町にある、予約が取りにくいフレンチビストロの「イノーヴェ」さんに連れていって頂きました。

とにかく女性に大人気のフレンチビストロ

11時半開店ですが、10分ほど早く着いたので車の中で待機してたら、次から次へと女性のお客さんが店の前に集まりだしました。
噂通り、すごい人気店なのがわかります。

c50da071-50bd-47f6-bb7e-12fe5d6b38c0-e1475758856521

店内は、1階がオープンキッチンになっていて、カウンター席、2階がテーブル席です。
シックで落ち着いた感じの内装です。

テーブルを見てみると、ナイフレストが猫~! カワイイです。
ここで猫好きのハートをキャッチですね!

周囲の席を見回したら、開店後、あっという間に満席になっていました。

コスパが良いと評判のランチ

今回は、1,500円のランチを頂きました。

前菜とメインをそれぞれ5つの品から選びます。

前菜は、サーモンマリネ タルタル仕立て、メインに を選びました。

私は、普段からビタミンB1摂取を意識しているので、豚肉を頂くことが多いのですがメニューに載っている「瑞浪ボーノポーク」は初めて聞きました。

瑞浪ボーノポークとは、
岐阜県瑞浪市大湫町に農場を持つ有限会社カタノピッグファームが、母豚に岐阜県が独立行政法人農業生物資源研究所と農林水産先端技術産業振興センターと共同開発した、豚肉の霜降り割合を増加させる能力を持つデュロック種豚「ボーノブラウン」を交配して生産されたブランド肉豚です。
「瑞浪ボーノポーク」は、一般に流通している豚肉よりもドリップロスが少なく、肉の旨味が逃げにくいのが特徴です。
そのため、他の国産豚肉に比べ肉の旨味と脂の甘みが強く、肉そのものの味を堪能する事ができます。
出典:瑞浪ボーノポーク http://mizunami-buonopork.com/buono

なかなか、一般家庭では手に入れるのが難しそうで、頂くのが楽しみです。

サラダはスティック野菜がコップに入って出てきます。
コップの底にアンチョビマヨネーズソースが入ってます。
お野菜が新鮮で甘いので、ソース無しでもバリバリ食べられちゃいます。

バケットは、おかわり自由。
もちろん、美味しいのでおかわり!

メイン料理は、ボリュームがたっぷりで、ポークがとっても柔らかく煮込んであります。
いやいや、コラーゲンたっぷりですよ!コレ。
さすが、「瑞浪ボーノポーク」、酸味を控えたトマトソースと相性ピッタリで本当に美味しい~!

イノーヴェ 瑞浪ボーノポーク

デザートは、バナナクリーム。
バナナ潰しただけじゃないの?って思うくらい濃厚です。

あまりの美味しさに写真撮るのを忘れそうになりました。
食べかけ…。

バナナクリーム

この美味しさ、このボリュームで本当に1,500円で良いの?
素晴らしい~!!食べ終えて、大満足の2人。

なぜ名古屋? 大阪にも欲しいお店です。

女性に大人気のお店で、すぐに満席になりますが、平日のランチだと、1週間前なら予約取れるようですよ。

フレンチ・ビストロ「イノーヴェ」
11:30~14:30(L.O)
18:00~21:00(L.O)
ランチ営業、日曜営業
名古屋市東区代官町29-18 柴田ビル
TEL:052-936-5038

スポンサーリンク