歌舞伎を初めて観たいと思ったら市川猿之助がオススメ

スポンサーリンク

こんにちは 藤本衣津美です。

久しぶりのブログの更新です(~~;

色々とやることがたくさんあって、ブログの更新まで手がまわりませんでした。

今月からまた更新していきますので、よろしくお願いします。

さてさて、久しぶりの更新は歌舞伎のお話。

5月は大阪松竹座で、市川猿之助、中村勘九郎、中村七之助さんの歌舞伎公演中。

市川猿之助さんがお2人と共演するのは、久しぶりのことなんだそうですよ。

私が歌舞伎を見始めたきっかけは、市川猿之助さんの叔父、三世市川猿之助(今は市川猿翁)さんのスーパー歌舞伎『ヤマトタケル』を観劇したことです。

スーパー歌舞伎は、わざわざ「歌舞伎」に「スーパー」という言葉をつけているので歌舞伎ではありません。

歌舞伎の要素をふんだんに盛り込んだ演劇になります。

「歌舞伎?わからなくね?」というハードルがぐ~んと低くなるので、歌舞伎への興味が湧きやすくなっているんですよ。

最近ですと、市川猿之助さんが、大人気漫画『ワンピース』をスーパー歌舞伎にして人気を博しました。

これまた、歌舞伎に興味を持った人が出てきたと思います。

私は最初、市川猿翁さんの歌舞伎ばかりを観劇していましたが、ずっと観ていると歌舞伎そのものの面白さに気づく事が出来て、他の役者さんが出演する歌舞伎も観たいって思い始めました。

ここまでくると歌舞伎ファンと名乗っても大丈夫だと思います(^^)

私の体験から、もし、気になっている歌舞伎役者さんがいなくて、でも歌舞伎は観てみたいなって思っている方は、市川猿之助さん出演の歌舞伎から歌舞伎鑑賞をスタートさせるのがオススメ。

市川猿之助の宙乗りって?

最近になって、市川海老蔵さんも宙乗りするほど、宙乗りは一般的になりました。

でも、市川猿翁さんが宙乗りをされていた頃は「ケレン」と言われていました。

「ケレン」ってなんでしょか?

「外連(けれん)」と書く場合もあります。
大道具や小道具の仕掛けを使って、観客の意表をついたり驚かせるような演出のことを指します。
早替り(はやがわり)や宙乗り(ちゅうのり)など
出典:文化デジタルライブラリー http://www2.ntj.jac.go.jp

歌舞伎を伝統があり、高尚な演劇だと思っている人達には、なかなか受け入れてもらえなかったんですよ。

でも市川猿翁さんは、お客様が喜ぶ事を考えるのがお上手な演出家でもあります。

彼の手掛ける歌舞伎は、初めて観た人を飽きさせないように色々な工夫がされています。

宙乗りもそのひとつ。

演目によって、宙にあがる役は変わりますよ。

悪役が宙にあがると迫力満点で楽しいかも。

歌舞伎って小難しい事を言うのが好きな方がおられますが、単純に観て楽しむことが出来れば良いと思います。

スタートは、「楽しかった!」と思えればOK!

5月大阪松竹座の演目は初心者でも楽しめる

昼の部は、市川猿之助、午後の分は中村勘九郎と七之助が魅せます(^^)

どちらも歌舞伎をよく知らない人でも視覚的に楽しめると思います。

いつも1階席を利用しますが、今回は宙乗りがあるので2階席にしてみました。

2等席(8千円)でしたが、舞台全体を客観的に観るのにはピッタリです。

役者さんの表情もかろうじて肉眼で見えます。

昼の部(11時開演)の見どころは『金弊猿島郡(きんのざいさるしまだいり)』

昼の部は2演目あります。

『戻駕色相肩(もどりかごいろにあいかた)』

中村勘九郎さん、中村児太郎さん、中村歌昇さん出演。

大阪での上演はなんと、70年ぶりなんだそうです。

話はとてもシンプルで、身分を隠していた駕籠かきの男性2人がひょんな事から敵同士とわかりお互いが詰め寄ったところへ、駕籠に乗っていた島原の遊女小車太夫の禿(かむろ)が間に割って入って収める話です。

3人が並んでポーズを決めて止まる場面は、美しいですよ。

歌舞伎は3次元の演劇なのに、写真を見るみたいな2次元の表現があるのが特徴です。

「見得を切る(みえをきる)」という言葉を聞いたことありませんか?

演技者の感情が高潮したとき,動きを停止させてポーズをとる演出です。

舞台全体の場合は、人物を配した画面のような感じを与えるので「絵面 (えめん) の見得」と言うそうです。

以前、劇団四季しか観劇したことがなく、歌舞伎を初めて観た人と歌舞伎を観た時にこの歌舞伎独特の場面はとても珍しがられました。

『金弊猿島郡(きんのざいさるしまだいり)』

市川猿之助さん、中村勘九郎さん、中村七之助さんが出演。

関西人であれば、突っ込みどころ満載のお話でもあります♪

2人の恋人同士の男女それぞれに思いを寄せる人物が、思いを遂げようとして失敗。
嫉妬したあげく呪って、怨霊になり恋人同士を襲うが、正義の味方が鎮めるというお話。

簡単すぎました(笑)

宙乗りは怨霊が恋人同士を追いかけていく場面に使われています。

盛り上がりますよ~♪

私が一番ビックリした場面は、

恋人同士の男性の方を好きになってしまった女性。

相手の女性(お姫様)は役人から追われている身。

姫の身代わりに自分が死ぬことを拒否したので、姫の乳母である母親に家の庭に置いてある鐘にくくりつけられてしまいました。

恋人同士は、ロミオとジュリエットのような状況の源氏の大将と将門の妹。

恋人同士が過ごすひと間から灯りがもれて2人が談笑する姿が写り、それを見て悲しむ女性。

そこまではよくある場面で仕方ないかも。

でも、恋人同士は灯りを消して、しっぽりと次の行為に…。

オイオイ、盛り上がり過ぎじゃない?

自分の身代わりに今にも女性が1人亡くなろうかというのに、よくもまぁ~何事もないように
イチャイチャ出来るもんだと呆れました。

身分が高い人は無神経なんですかねぇ?

縛り付けられている女性を市川猿之助さんが演じています。

嫉妬と死ななければならない運命を呪って悲しむ様子に思わず共感します。

私は、市川猿之助さんがまだ、市川亀治郎で小学生の頃の舞台を観て以来、30年ぶり。

四世市川猿之助襲名披露公演『ヤマトタケル』は残念ながら、シネマ歌舞伎で拝見。

子供の頃から、「天才」て言われていたと記憶しています。

一緒に舞台を観た家の者は、市川猿之助さんの舞踏は、特に下半身がしっかりとしていて、まるで「北斗神拳」を見てるみたいだと言ってました。

動きの中で「ア~タタタタ~ッ」て秘孔を突く動きになっても違和感がないような(笑)

舞台の演出もちょっと歌舞伎よりは一般演劇に近く、特に照明は注目ですよ。

5月の昼の部は、もう満員御礼じゃないかなって思います。

いつもチケットを取って頂く贔屓役者さんの番頭さんが、「お願いされるけれどもうご用意出来ないんです」って4月にはおっしゃってましたから。

歌舞伎で満員御礼は、襲名披露公演でもなかなか困難ですよ。

市川猿之助さんの人気の高さがよくわかるエピソードだと思いました。

もし、市川猿之助さんの歌舞伎公演を目にすることがあれば、ぜひご覧になって頂きたいです。

歌舞伎に対するイメージが変わると思います(^^)

スポンサーリンク