週5日、1日3分で出来る脚力を落とさない方法

スポンサーリンク

脚力アップの効果

私は、年を追うごとに、自転車で坂道を上ることが困難になってきてました。
なだらかな登り坂なのに「ゼーハー」と息も絶え絶えに、全力で自転車をこがないといけません。
苦しんでる私のその横を、年配の方がスイスイ上ってらっしゃる…(電動自転車じゃありません)

このままだと、私の脚力は衰えてしまう一方…と心配はするものの、特に運動することもないままです。
でも、ある事を半年間、地道に継続したら、緩やかな上り坂を自転車で上るのが、スイスイと息切れする事なく上れるようになりました。

毎日ちょこっとの時間を使って、継続

なぜなら、継続させることで知らないうちに、自分が思う以上に力がついてくるからです。
毎朝、私は通勤で家から出るのに、予定時刻より3分足りません。
不思議なことに早く起きようが、遅く起きようが身支度を整えて、ドアを出るのは毎回3分押し。
駅まで徒歩なのですが、この間に不足時間を補わないといけません。

ということで、駅に向かう途中に150メートルほどの距離がある緩い下り坂を使って、軽く走ることにしました。
下り坂は上り坂よりも実は、脚の筋肉に負荷がかかっているそうなんですよ。

走る時に気を付けている事があります。
足を痛めてしまっては、本末転倒なのでケガしないようにするのが大切ですよね。
荷物があるので、早く走れません。
走る時は、自分の足と相談しながらとても気を付けています。

毎日することを負担に感じない方法

走り終えた場所で、息切れするくらい走っていません。

こうすると、毎日走ることが負担に感じません。
息切れするほど走るということは、無理してるという事なので、続けるのがイヤになってしまいます。

半年ほどした最近、久しぶりに自転車に乗って、だらだらとした上り坂を走ると、なんと!息も太ももも全く苦しくなくスイスイと走れました!

「継続は力なり」「塵も積もれば山になる」という有名な言葉があります。
でも、そんな事は、わかってるけれど出来ない事が多いのではないでしょうか。
継続させるのには、

・普段の生活に無理なく取り入れる
・やる事が億劫であったり、イヤだと感じないやり方
・プチ達成感を感じる

が必要だと感じています。

今回、私は脚力の衰えを回復させることができました。
毎日、ほんの数分だけでも良いので、継続することで、自分が思う以上の効果が出ます。

ちょっと気になっている変わりたい自分…。
目標を決めてしまうとプレッシャーに感じてしまう身近な事ってあります。

生活の一部に組み込んで負担にならない、時間設定(例えば、3分)で「自分が力をつけたい身近な事」を毎日やってみてくださいね。

私の場合、3分の設定でやる事をいくつか組み合わせてすることがニガテです。
いくつか組み合わせると3分じゃなくなるので、続けることが困難になってきます。

自分が継続できる方法を見つけると、きっと、3ヵ月~半年後には、結果となって出てきますよ。

スポンサーリンク