これからは、我が家の鍋はホーロ鍋

スポンサーリンク

近頃気になるホーロー鍋

我が家のキッチンにある、大小の鍋はほとんど頂き物です。

自分で購入したのは、結婚したてのタイミングで、大小2種類の雪平鍋くらい。
軽くて熱伝導率が良くて、安いアルミ鍋は使い勝手が良いので、25年近くヘビーローテーションで使用しています。

インターネットの普及で色々な情報が簡単に手に入るようになりました。
最近は、アルミが身体に悪いという話を聞きます。
「アルミからステンレスに変えましょう」だそうです。
でも、ステンレス鍋って普段使いに重いから…。

頂きものでホーロー鍋があったのを思い出して、使ってみるとなかなか使い勝手が良いことに気が付きました。

最近、野菜中心の食生活を始めたので、お酢を使ったピクルスやマリネを作ることが増えました。
野菜を使った汁物レシピも定番です。

仕事をしているので、週末に料理を作り置きしている事が多いです。
料理をした後、保存容器に移し替えるのが面倒になってきているので、保存のきくお鍋だと便利だろうなぁと思う事が増えました。

ホーロー鍋ってどういう鍋?

これを機会にホーロー鍋を揃えていこうと考えています。
で、ホーローってそもそも、なんでしょう?

鉄、アルミニウムなどの金属材料表面にシリカ(二酸化ケイ素)を主成分とするガラス質の釉薬を高温で焼き付けたもの。「ホーロー」と表記されることも多い。英語では Enamel(エナメル)
出典:ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/

ホーローには、鋳物と銅板の2種類がありました。

鋳物ホーロは、鋳物鍋にホーローを焼き付けたもの。
ル・クルーゼ、ストウブ、バーミキュラなどの商品です。
熱がゆっくり伝わるので、煮込み料理などが得意分野です。
鋳物なので重いです。

ル・クルーゼ
出典:www.amazon.co.jp/

銅板ホーロは、銅板にホーローを焼き付けたもの。
ダンスク、野田琺瑯などが有名な商品です。
熱の伝わりが早く、軽いです。

野田琺瑯

出典:www.amazon.co.jp/

銅板ホーローは今、よく使っている雪平鍋と特徴がそんなに違わないので、変えることが出来そうです。

鋼板ホーロ鍋は、鋳物ホーロー鍋よりも安価なので、これから揃えるのなら鋼板ホーロー鍋からが入りやすいですね。

我が家の調理設備は、ガスです。
パンを時々焼くので、立派なガスオーブンもありますが、宝の持ち腐れ状態。
鋳物ホーローでガスオーブンを使って調理することも出来そうです。

ホーロー鍋はカラフルで見た目に楽しい

ホーロー鍋は、色がついてるのも特徴です。
白が良いかな?それとも色ありかな?
デザインと共に色を決めるのもきっと楽しいかもしれません。

画像のように、キッチンに置いておくだけで明るくてオシャレな雰囲気が作れるのも良いですね。

ダンスク dansk/イメージ
出典:ダンスク/イメージ http://www.rakuten.co.jp/auc-designshop/

ル・クルーゼや野田琺瑯を使ったレシピ本が出ていますので、料理に困ったら参考に出来そう!

鋼板ホーロだと、保存容器も充実しています。
ホーローは、匂い移りがしなくて、衛生的で酸に強いという特徴があります。
鍋のまま保存しても良し、保存容器に移しても良し。

プラスティックの保存容器もホーロー容器に変えたら良いかな。
キッチン製品の見た目や使い勝手は大切ですが、アルミやプラスティックなど身体に影響するものは、なるべく避けたいですね。

55歳の現在、歳をとることを考えて、生活用品を見直したいと思っています。
ホーロー鍋を揃えるのをスタートにして、大切に長く使えるキッチン用品を、数を抑えて、揃えていこうと思っています。

スポンサーリンク