飼いネコはちょっとでも長生きして欲しい

スポンサーリンク

黒猫1匹と一緒に住んでいます

我が家には、今年17歳のメスの黒猫がいます。
写真ギライでなかなか写させてくれません。

tokicat

猫を飼うつもりはありませんでした。

結婚前後にオス猫を飼ってた事があり、当時の私は自分のことで精いっぱいだったので、十分な世話が出来ていませんでした。
8歳で腎臓病で死なせてしまったのをずっと後悔してたからです。

今の猫は生後2ヵ月くらいの頃に、当時住んでいたマンションの2階の階段の踊り場にうずくまってました。

2階に住んでいる子供がつかまえて、非常ドアのノブに逃げないように紐でくくりつけていたようです。
でも、紐はすでに外れていたのに、逃げずにいたんですね。

お腹が空いてるだろうと思って、抱き上げたらゴロゴロ喉を鳴らしてたのを今でも思い出します。
マンションではペットは飼えないので、ご飯をあげたら車にひかれない場所へ泣く泣く移しました。
すぐに草のしげみの奥の方へ入っていってしまいました。

行き倒れてるところを発見

夫がマンションの玄関先で、横たわってる黒い猫を発見。
連れて帰ってご飯の用意をしてたら、「ゴハン頂戴!!」と大騒ぎだったそうです。
この時、かつおぶしが入ったねこまんまをやりました。

それ以来、彼女の一番の好物は、かつおぶしです。
空腹が酷かったから、「すごく美味しい!」って思ったんでしょうね。

私が知らずに会社から戻ったら、玄関に夫と猫が出迎えてくれました。
もう、ずっと前から住んでるって顔して。

夫は動物を飼った経験がなかったので、飼う事に反対しましたが、猫の声がハスキーで子供なのに鳴いてもあまり音が響きませんでした。
これ幸いと強引に、内緒で飼い始めたのがきっかけです。

獣医師のアドバイスを守ったのでとても健康

以前飼っていた猫を腎臓病で亡くしてたので、健康面には気をつけようと思いました。

拾ってきた時は、ヤセっぽっちのギスギスした感じで、子猫特有の可愛さがまったくありませんでした。
母猫からの初乳はきっと飲んでるだろうと推察。
健康診断をしたら、回虫がいたので駆除して、それ以外は健康でした。
先生から2つアドバイスを頂いて、これを守りました。

① 発情期になるまで、欲しがるだけ食べさせる

欲しがるだけキャットフードを食べさせるなんて、太りませんか?と心配になりましたが大丈夫なんだそうです。

子供の頃にしっかり栄養を摂るということなんですね。
キャットフードはカリカリタイプで。

幸い、うちの猫はかつおぶし以外は、フードはなんでも良いみたいで助かります。
我が家は、ずっとアイムスの毛玉ケア、チキン味です。

盛り盛りと食べてもらったけど、太りませんでした。
ず~っと体重変わらず、どちらかというとスリムタイプです。

たまにご馳走フードをあげたいと思うのですが、それは人間がご馳走だと思うことで猫には関係ないかと健康第一で。

②猫が走れる直線スペースを確保しておくこと

猫は、もの凄い勢いで直線を走ることがあります。
走れることが出来る直線を確保してくださいと言われました。

我が家には、5メートル程の廊下があるのですが、もの凄いスピードで4歩くらいで飛ぶように走っています。
時間はあまり関係ありません。
最近は、トイレの後の身体が軽くなって走っているくらいです。

先生からは当時、詳しい説明は聞かなかったので後から調べてみました。
室内飼いの猫にある行動らしいです。
ハンティングタイムだとか、有り余ったパワーの発散だとか書いてありますが、どれもその通りだろうと思います。

いきなり狂ったように走ったりしますが、習性なので走らせるようにした方が良いのです。

とっても健康なので、17年のうち医者にかかったのは、数えるほどです。
健康なのは、他に理由があるかもしれませんが、身体が出来るまでにしっかり栄養を取り、毎日1回の激走で足を鍛えていることも理由のひとつではないかと思っています。

猫を飼うのは、彼女で最後と決めているので、後悔のないように世話をするようにしています。

スポンサーリンク