ブログを書きたいのに、書けない!その原因は?

スポンサーリンク

自分でも気づかない心の中

私は毎日、家のリビングで、ノートパソコンを使ってブログを書いています。
パソコンに向かっても、なかなか作業が進まない事が多いです。
特に休日が進みません。

「チェンジファシリテーション(旧名:ニューコードNLP)」を使って、自分自身をカウンセリングしてみました。

行動出来ない状況を振り返る

まず、自分が普段、家でブログを書いている状況を思い浮かべます。
少し離れた場所から、パソコンに向かっている自分を客観視します。

思い浮かべた時に、出来るだけ具体的に、自分の周囲に何が見えているのか?色は?形は?
音は聴こえているか?その場で何を感じているのか?をイメージで体験します。

私は、平日5日は仕事でほぼ、1日中外出しています。
ようやく戻ってきた家は、働く場所ではなく、憩いの場。

それに加えて、家にいない事が多いので、掃除片づけについ目が向いてしまい、集中できなくなります。
だからといって、掃除したり片づけはしないので、結局どちらも手つかず状態になる事が多く、落ち込みます。

家にいるとリラックスできるので、すぐ眠たくなってしまいます。
そんな感じの私がいました。

家で作業が進まないのは、

・家は仕事場ではなく、リラックスできる場所
・普段、家にいないので、家の中の気になってることが目につく
・TVや夫との会話など、誘惑がある
・リラックスできる空間なので仕事モードにならない

行動できない自分が見えてきました。

ブログを書くことは、自分にとっては仕事みたいなもの。
自分にとって家は、職場ではない ということです。

やりたいと思っているのに、出来ない。
心にブレーキがかかっています。

出てきた事柄から、出来そうな事を考えてみる

出てきた要約から考えると、家でブログを書く環境が整ってないようですね。
「他に作業できる場所はある?」自分の無意識に問いかけます。
出来れば、具体的に出来そうなことを考えます。

・WIFIがあるマクドナルド
・普通の喫茶店
・ネットカフェ
・お気に入りのカフェ

あれ?どうも家の中よりも、外の方が良いのでは?と私の無意識が言っています。

マクドナルドは、店内があまり静かでないので集中できなさそう。
普通の喫茶店は、お客さんの会話が聞こえてきて集中できなさそう。
ネットカフェは、良いかもしれない。
お気に入りのカフェは、WIFIはないけど、静かで長時間過ごせる。

どんどん意見がでてきて、2択になりました。

ネットカフェには、ノートパソコン持ち込んで、ノートでブログ、ネットカフェのパソコンで調べものが出来て、良いかも。

お気に入りのカフェは、緑が多くて、BGMにうるさくない程度の音量でジャズが流れていて、長時間居ても良い、居心地の良い場所。

ここで特に2つのうちの1つに!と絞る必要はなく、どちらも行ってみて作業が進む方の場所を決めたら良いですね。

「ブログを書きたいのに書けない」
と思っていたのは、書く内容が無いから書けないというよりも、書く場所に問題があったんですね。

自分の無意識が提案してくれたことを、実践します。
日頃から、自分の無意識と向かい合っていると、パターンの変化をさせる事ができます。